手作り指輪の魅力 | 教えて!手作り指輪 関西編

手作り指輪の魅力

これを読んでいる皆さんは指輪と言えばどのようなイメージを持つでしょうか?
一般的にはファッションアイテムとしての指輪、あるいはエンゲージリング・マリッジリングのどちらかを思い浮かべる人がほとんどだと思います。
そして指輪をどのようにして手に入れるか聞かれたときには、おそらくブランドショップやジュエリーショップなどの専門店で購入することをイメージするでしょう。

▼目次

手作り感の強い指輪がトレンド

最近一部の人の間では手作り指輪が注目を集めており、インターネット上でもFacebookやTwitterなどで話題になっているのをたびたび見かけます。
そこでここでは手作り指輪にはどのような魅力があるのか、そしてどのようにして作るのかをお伝えしていきたいと思いますので、ファッションに興味を持っている人やこれからエンゲージリング・マリッジリングの準備を考えている人は読んでみてください。

はじめに手作り指輪の概念から説明しておかなければなりませんが、手作り指輪とは厳密に言えばすべての指輪のことを指しており、これはすべての指輪が機械のみで作られるわけではなく、何かしら人の手が加えられるからです。
しかし今回ここでお伝えする手作り指輪とは、自分も実際に作業工程に参加して作るもの、あるいは職人が手作業で仕上げている割合の多いいわゆる手作り感の強い指輪についてです。

大阪の手作り指輪の工房への相談はこちら

じぶんでつくる指輪

まず自分も実際に作業工程に加わって作るほうから説明していきますが、これは手作り指輪を作る専門のアトリエがあって、そこでレクチャーを受けながらクリエイターと一緒に作り上げていくことになります。
この場合、まずは打ち合わせの段階でどのような指輪にするのか決めなければいけませんから、デザインや石、金属の種類などひとつひとつの素材を厳選していきます。
アトリエによって用意できるものが異なる場合もありますので、あらかじめイメージを膨らませておくとスムーズに作業が進められますし、アトリエ選びをするときにも楽です。

このような形で指輪を作るもっとも大きなメリットは、まず世界にひとつしかないオリジナルの指輪が作れること、そしてブランドショップやジュエリーショップで販売されている商品よりもコストが抑えられることがあげられます。
通常ブランドショップやジュエリーショップではすでに出来上がったものが並べられており、その中から自分の好みに合ったものをチョイスしていきますが、アトリエで作る場合はデザインも一から決めていくのでチョイスするのではなく生み出す感覚が強くなります。
したがって、より自分の好きなイメージに近い指輪を作ることができますから、満足度も高くなります。

そしてブランドショップやジュエリーショップで購入するときよりもコストが抑えられるという点ですが、こういったショップで購入する指輪のほとんどはブランド料が加算されるため高価になります。
これはブランドイメージを保つためには必要なことですし、ランクの高いイメージを消費者に与えることでプレミア感を出す意味もあります。
ただすべての人がそういった高級品を買えるわけではありませんので、できるだけコストを抑えたいけど良いものが欲しいという人には手作り指輪がおすすめなのです。

しかも使っている素材は高級ブランドと同じものを使えるところもありますし、出来上がった指輪のクオリティだけなら同じなので、ブランドにこだわらないという人にもおすすめできます。
失敗する可能性を心配する声もあがることがありますが、基本的にアトリエには一人で入るわけではなく、必ずクリエイターと一緒に入り、重要な工程はクリエイターが行いますので仕上がりが失敗することはありません。
京都の手作り指輪の工房への相談はこちら
京都で手作り指輪をつくった人の口コミ

セミオーダー・オーダーメイドの指輪

次にもうひとつの手段としてオーダーメイド・セミオーダーがあげられます。
こちらは先ほど紹介したやり方と比べると、よりクリエイターに任せる割合が高くなり、オリジナリティのある手作り指輪を作りたいけどあまり時間が取れないという人におすすめです。
オーダーメイドの場合は一からデザインや素材などを決めていきますし、セミオーダーの場合も用意されているものの中から素材やデザインを組み合わせて決めていきます。
そして打ち合わせで方向性が決まったらその後はクリエイターが手作りで仕上げていきます。

オーダーメイドやセミオーダーはブランドショップやジュエリーショップでもやっているところが多いので、好きなブランドで自分だけのオリジナルの手作り指輪が欲しいという人にも良いと思います。
ただしオーダーメイド・セミオーダーの場合はアトリエで手作りするよりもクリエイターにかかる比重のほうが大きくなりますから、コストは高くなる可能性が高いです。
手作り指輪にかかるコストに関してはアトリエやショップのホームページを参考にしたり、直接問い合わせて聞いてみるのが一番分かりやすいので、まずは気になることをまとめてコンタクトを取ってみるといいでしょう。

新着情報

結婚指輪購入口コミ「カルティエの結婚指輪に憧れがあった」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

13

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫用 120,000円 自分(妻)110,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪はオリジナルで作ってもらいたくて、自分たちでデザインして作りました。

結婚指輪は細い指輪が多いと思いますが、なかなかないデザインにしたかったのと、太い指輪が好みだったので、ボリューム感のあるデザインに作ってもらいました。

また結婚指輪を作るならプラチナと決めていたので、予算面はかなり頑張って純プラチナにしました。

また、表面がツルツルよりも、少し削りを入れてもらい、太くても自然に指になじむ感じにしてもらいました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「カルティエの結婚指輪に憧れがあった」』

結婚指輪購入口コミ「通常のダイヤなしの指輪も逆にシンプルで魅力的」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

5年目です。

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

新郎から新婦へは38万円。

新婦から新郎へは16万円。

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪は婚約指輪に比べ、新婦がつける頻度も高いので、新婦の気持ちを大事にしました。

婚約指輪は最初、ブルガリへ行きました。

しかし、同じ日に訪れたティファニーの方が新婦の表情が明るく感じたので、ブランドはティファニーに決めました。

婚約指輪とブランドも統一させた方が良いと意見も一致し、両方ともティファニーとしました。

そして、無難なデザインよりも、毎日目にするので、少しでも満足感の得られるダイヤ入りの結婚指輪としました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「通常のダイヤなしの指輪も逆にシンプルで魅力的」』

結婚指輪購入口コミ「ストレートの形状の指輪」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

5

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫と妻の夫婦でおよそ10万円ずつ

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

婚約指輪にダイヤを使った指輪を選んだため、結婚指輪にはダイヤ無しにタイプに決めました。

結婚指輪は、日常の生活の中でも着けるため、子育てをしている時や家事をしている時などに気を使わずにいられる物が良いと思っていました。

夫婦ともに同じ考えでしたので、結婚指輪にはダイヤ無しでシンプルな指輪をポイントにして、決めていきました。

予算面も10万円前後を目安にして、気に入った数点の指輪と比較検討していきました。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「ストレートの形状の指輪」』

結婚指輪購入口コミ「子どもを抱いたときの心配」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

3

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

妻 180,000円 夫 150,000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

妻のほうはダイヤモンドが3石ついているというのが探しているときの条件でした。

たくさんのブランドから同じようなデザインのものが出ていたため、いろんなものをつけ比べた結果妻の手が小さく指も長くないため、出来るだけ細いものを選んだ結果これになりました。

ブランド自体は非常に有名ですが、自分の周りでブライダルでこのブランドを持っている人を聞いたことがなかったため被らないだろうというのも選んだポイントです。

夫のほうはストレートで飾りがないものがあったので良かったです。

Click≫ 『結婚指輪購入口コミ「子どもを抱いたときの心配」』

手作り結婚指輪の可能性

ブライダル業界も注目の手作り結婚指輪

近年、ブライダル業界でも注目されている手作り結婚指輪ですが、注目を集めている背景にはどのような理由があるのでしょうか?

これまで結婚指輪と言えば数十万円~数百万円するようないわゆる高級ブランドのものをプレゼントするのがスタンダードだとされてきましたし、バブル期には給料3か月分の結婚指輪を…なんてキャッチフレーズもありました。

まず理由のひとつとしてあげられるのが、若い世代のブランド離れです。

まだインターネットがそれほど普及していない時代には無条件でブランド品をありがたがる風潮がありましたし、ブランド品=良いものというイメージが定着していました。

もちろんブランド品は良いものをなのですが、自分で見極めるという感覚を失ってしまっている人も多かったのです。

Click≫ 『手作り結婚指輪の可能性』